HOME > 発熱 > ヤブカンゾウ

ヤブカンゾウ

【かぜの発熱を和らげる】
春先、日当たりのよい土手や野原でよく見かけるユリ科の多年草です。6〜8月ごろの花のつぼみを花軸の根もとから切り取り、汚れを充分に落としてから蒸します。その後、日に干して乾燥させます。できあがったものは保存がきくし、ぬるま湯でもどせば手軽に調理できます。かぜの発熱に効果があります。

「発熱」内の記事一覧