HOME > 肩こり > ウド

ウド

【茎葉を薬湯料にする】
ウドの生育した茎葉が肩こりに効くといわれています。9月ごろの食用にならなくなった茎葉を刈り取り、適当な大きさに刻み、陰干しにします。これを木綿袋に詰めて風呂に入れます。からだを芯から温め、肩こりが和らぎます。ぬるめの湯にゆったりとつかることで、神経性あるいはストレス性の肩こりに効果があります。

「肩こり」内の記事一覧