HOME > 肩こり > 唐辛子

唐辛子

【薬湯、湿布薬のどちらでも効く】
薬味に使われる唐辛子は血行を促進する作用があります。薬湯の場合、赤く熟した唐辛子を粗く切って、木綿袋に詰めてお風呂に入れます。肩までゆったりとつかると血行が促進され、肩こりが和らぎます。また、湿布薬の場合は唐辛子の粉末と温かいご飯を1対10の割合でよく混ぜ合わせ、布にのばして肩こりの部位に貼り付けます。肌の弱い人はかぶれることがあるため、注意が必要です。

「肩こり」内の記事一覧