HOME > 肩こり > 夏みかん

夏みかん

【果皮を薬湯にすると効果がある】
夏みかんは食べると疲労回復の効果があります。また、その皮を用いると薬湯になります。皮を陰干ししたもの数個分を直接、湯に入れます。湯に入りながら、肩こりの部分を皮で軽くこすります。ぬるめの湯にゆっくり入ると、ストレスや疲れがほぐれてきます。肩こりのほか、腰痛、神経痛、リウマチにも効果があるといわれています。

「肩こり」内の記事一覧