HOME > 冷え性 > オトギリソウ湯

オトギリソウ湯

【ゲンノショウコとあわせて薬湯に】
オトギリソウは日のよく当たる山野に自生する多年草です。開花期の8〜10月頃、地上部の茎葉を刈り取り日に干します。乾燥させて細かく刻み、木綿袋に2握り程度詰めて、湯に入れます。ゲンノショウコを加えてもいいでしょう。いずれもタンニンを多く含む植物のため、タンニンの成分が湯に溶けて冷え性を改善するのではないかと考えられています。

「冷え性」内の記事一覧