HOME > 冷え性 > ゆず湯

ゆず湯

【からだを温めて、肌をととのえる】
「冬至にゆず湯に入ると、風邪をひきにくい」と昔から言われています。ゆずの果皮に含まれる芳香性の高い揮発油が温熱効果を高め、からだを温めるからです。熟したゆずの果実数個を水洗いし、薄く輪切りにして浴槽に浮かべて入浴します。ゆずを木綿袋に入れてもいいでしょう。温熱効果のほか、肌をととのえる効果もあります。

「冷え性」内の記事一覧