HOME > 腎臓病 > しょうが

しょうが

【腎盂腎炎と膀胱炎に効果がある】
しょうがの辛味成分には殺菌作用や食欲増進作用があり、香りのもととなる精油成分には発汗、解熱、保温、消炎などの作用があります。これらの作用が血行をよくしたり、胃腸を整えたり、冷え性を改善したりします。腎臓病においては、しょうがの精油成分にある保温作用によって、冷えから生じる腎盂腎炎や膀胱炎に効果がみられます。

「腎臓病」内の記事一覧