HOME > 肝臓病 > もやし

もやし

【ビタミンCとタンパク質がとれる】
もやしには緑豆や大豆を発芽させた豆もやしと、もっとも利用されているブラックマッペを発芽させたものとがあります。豆もやしの栄養価は高く、タンパク質、カルシウム、カリウム、鉄、食物繊維、ビタミンなどが豊富にふくまれています。ブラックマッペもやしは豆もやしに比べると栄養的には劣るものの、ビタミンCは豆もやしより多く含まれています。大豆から引き継いだ植物性タンパク質と、発芽によって増加したビタミンCのふたつが肝機能を高め、肝臓病を予防します。

「肝臓病」内の記事一覧