HOME > 肝臓病 > かぶの葉

かぶの葉

【ビタミンAが肝細胞を正常化させる】
春の七草のひとつ「すずな」はかぶのことです。肝臓の機能が低下すると、ビタミンを補給しなければなりません。そのためにはビタミンA、C、ナイアシンが多い緑黄色野菜を積極的に摂るようにします。特にかぶの葉に多いビタミンAは、肝臓に蓄えられて肝臓の細胞機能を正常にする働きがあります。

「肝臓病」内の記事一覧