HOME > 肝臓病 > しじみ・かき

しじみ・かき

【良質なタンパク質とタウリンが肝臓に効く】
しじみのタンパク質はとても良質です。アミノ酸のチアミン、タウリン、コハク酸などが含まれ、これらの成分は肝臓で処理された不要物を体外へ排出するはたらきを担う胆汁の分泌を促進し、肝臓の解毒作用を活発にします。また、かきはうま味成分のグリコーゲン、鉄、ビタミンB群、カルシウム、ヨードなどが豊富で栄養バランスも申し分ないことから「海のミルク」とよばれています。しじみと同様、タウリンが多いのも特徴です。

「肝臓病」内の記事一覧