HOME > がん > カリフラワー

カリフラワー

【茎部分に豊富なビタミンCがある】
カリフラワーに含まれているイソチオシアナートとよばれる含硫化合物は、発がん物質を代謝活性化させる酵素の働きを阻害し、発がん性を抑制します。カリフラワーの花のつぼみ部分にはほうれん草と同じくらい豊富なビタミンCが含まれています。茎の部分のビタミンC量は花の部分の約2倍もあります。カリフラワーのビタミンCには、加熱しても壊れにくいという特徴があります。

「がん」内の記事一覧