HOME > がん > にら

にら

【硫化アリルとセレンが効く】
にらの独特のにおいの元となっているのは硫黄化合物の硫化アリルです。硫黄化合物は代表的な発がん抑制物質のひとつです。ほかにもカロチンやビタミンB群、セレンといった栄養素を含んでいます。セレンは体内の過酸化物質による損傷を防ぎ、発がん物質の代謝活性化を阻害する働きをもちます。ビタミンEといっしょに摂取すると、がんの予防効果が高まります。

「がん」内の記事一覧