HOME > 夏ばて > みつば

みつば

【過酸化脂質の増大を防ぐ】
油を多く使った料理や脂肪の多い肉食を好む人は、中性脂肪などの血中脂質の過酸化が進む傾向が強いといわれています。このような状態では暑いときでも汗がでにくくなり、体温調節が不調になり、だるさや疲れの原因となります。これに効くのがみつば、しょうが、大根、パセリ、ニンジン、ねぎ、れんこんなどです。血中での過酸化脂質の増大を防ぐ作用があるといわれています。

「夏ばて」内の記事一覧