HOME > 夏ばて > シュンラン

シュンラン

【お茶にして飲むと夏ばてに効く】
シュンランは春蘭と書きます。食べられる部位は花と花茎です。強壮効果、解毒作用のほか、食欲増進効果があり、夏ばてに効くといわれています。花と花茎を塩1、酢1、水5の割合の溶液につけ、1週間ほどしたらザルにあげて水気を切り、再び同じ分量の溶液に1週間ほど漬け込み、取り出して日干しにして乾燥させ、軽く塩をまぶして保存します。これをひと房、湯のみに入れて熱湯を注いで飲みます。

「夏ばて」内の記事一覧