HOME > むくみ > ヤマゴボウ

ヤマゴボウ

【むくみをとる妙薬】
ヤマゴボウは庭などに植えられる多年草です。根がゴボウに似ているため、この名がついたといいます。薬用には根を用います。花の盛りに根を掘り、水洗いして日に干して、よく乾燥させたもの2gを水100mlで半量になるまで煎じ、これを一日量として服用します。多量の硝酸カリウムが含まれており、利尿作用が高く、むくみとりの妙薬とされています。

「むくみ」内の記事一覧