HOME > 胃の不調 > キャベツ

キャベツ

【ビタミンUが潰瘍ができるのを防ぐ】
キャベツにはビタミンUが含まれており、これは潰瘍ができるのを防いだり、治したりする作用があります。しかし、すべての潰瘍を予防するわけではありません。ビタミンUがよく効くのは、ストレスや胃酸過多以外の原因でおこる潰瘍だといわれています。キャベツの作用を生かすには温かい料理にして摂取するといいようです。

「胃の不調」内の記事一覧