HOME > 慢性疲労 > 果物・野菜の薬酒

果物・野菜の薬酒

【疲れにくいからだをつくる、さまざまな薬酒】
ゆず酒はクエン酸が疲労の回復を促します。一回量は15〜20mlで一日3回が限度です。さくらんぼ酒はリンゴ酸が働きかけて疲労を改善します。一回量は20〜30ml、一日2回が限度です。すもも酒はクエン酸、リンゴ酸、コハク酸などの有機酸が豊富に含まれており、疲労を和らげます。一回量は20〜30ml、一日3回が限度です。セロリ酒はビタミンC、フラボン配糖体のアピインなどの有効成分が疲労を回復させます。一回量は20ml、一日3回が限度です。

「慢性疲労」内の記事一覧