HOME > 便秘 > ダイオウ

ダイオウ

【古くから使われてきた便秘薬】
ダイオウの根茎は、古くから使われている緩下剤のひとつです。根を掘り出し、水洗いしてから日干しをして使います。粉末状で市販されているため、そちらの方が便利でしょう。一回0.5〜1gを白湯で飲みますが、一日1〜2回までが限度です。それ以上は飲まないようにします。ほかにもアロエ、センナ、ヒマシ油などがあります。どれも妊娠中、授乳中の方は飲まないようにします。

「便秘」内の記事一覧