HOME > 水虫 > タケニグサ

タケニグサ

【茎葉を折って出た汁を患部へ塗る】
タケニグサは野原で見かけるケシ科の多年草です。草丈が2m以上になるものもあります。このタケニグサが水虫やたむしに効果があるといわれています。生の茎や葉を折ると、汁がでてきます。この橙黄色の汁を直接、水虫やたむしの患部に塗ります。ただし、全草が有毒植物のため、飲食しないようくれぐれも注意が必要です。

「水虫」内の記事一覧