HOME > 風邪 > カミツレ

カミツレ

【西欧で風邪薬として広く親しまれている】
ヨーロッパ原産のキク科の二年草です。西欧では紀元前から風邪薬として用いられていたといわれています。現在でもハーブティーなどに使われています。春に咲く花を摘み、日干しします。よく乾燥させた花5gを一回量として、きゅうすに入れて熱湯を注ぎ、蓋をして数分おきます。温かいうちに飲みましょう。風邪の予防に効果があるといわれています。

「風邪」内の記事一覧