HOME > 風邪 > 大根あめ

大根あめ

【風邪のひきはじめに効果がある】
くしゃみが出たり、のどが痛くなったり、せきが出たりといった風邪のひきはじめに効くといわれているのが大根あめです。大根はよく洗い、皮付きのまま1cm角に切ります。広口びんの8分目まで大根を入れて、その上から水あめをヒタヒタになるまでかけて、蓋をして2〜3日ほど冷暗所に保存します。大根がしぼみ、透明な液が出てきたら、その液をスプーンですくって飲みます。大きなスプーンで1〜2杯程度がいいでしょう。作りおきしておける妙薬です。

「風邪」内の記事一覧